材料科学案件 一覧

有機化学
無機化学

有機材料

バイオベースのブロック共重合技術を用いたポリマー

微生物培養により石油原料不使用のポリマー合成とその物性改良を実現
Learn More

超強力酸化触媒

木質系廃棄物をカルボン酸やフェノール類などの化成品原料へ変換。プラスチック系廃棄物(樹脂やマイクロプラスチックなど)を有機物へ変換。
Learn More

高溶解性・高安定性な幅広い置換基導入可能な電子輸送能材料原料ペリレン二量体

多種アミンの組合わせが導入可能なフレキシビリティの高い構造イミド基、長鎖・環状構造物質の導入など、幅広い性能材料が合成可能。

Learn More

ファインバブル有機合成プロセスによる材料合成

「低触媒被毒」・「光反応フローとの組合わせ」・「気体が関与する多相系反応」を実現する合成プロセスの共同研究のご提案。...more



過酸化水素を産生する光触媒樹脂

汎用樹脂を原料とし調製した有機触媒(メタルフリー)に対し、可視光を照射するのみ。高い光エネルギー変換効率で、安定に過酸化水素(H2O2)を供給できる...more


極めて安定性の高い低コスト硫黄ポリマー

超分子化学的アプローチにより硫黄ポリマーの安定化を実現。有機溶剤に対する溶解性は維持したまま、超分子構造により分解の起こりにくいポリマー。...more


高効率の有機シンチレーター化合物群

特定の化合物群が高いシンチレーション効果(特にβ線)を示すことを見出した。これらの有機化合物はプラスチックシンチレーターや液体シンチレーターへの応用が期待される。...more


昨年発表済の環状分子を用いた技術の改良。直鎖中に露出する硫黄分子により電気的または光学的に特異な物性を示すことが期待できる...more


再生可能なバイオマスをもとにした化成品製造

ボトリオコッセンの更なる実用化を検討した結果、化学品(接着剤、樹脂、撥水加工剤)としての応用を可能としうる、ボトリオコッセン誘導体の合成方法を開発した...more


界面活性剤フリーの高分子ナノ粒子

界面活性剤を添加せず、多孔質体(メラミンフォーム等)内空孔を粒子の重合場として、平均粒子径100 nm以下の高分子ナノ粒子を生成する反応器。...more


無機材料

サファイア基板を使わないため製造コストが下がる。成膜面積の制約が少なく大面積イメージセンサに有用。

Learn More

高耐久性・大容量でつなぎ目のないシームレス活性炭電極

シームレス活性炭電極を用いたキャパシタは、活性炭粉末をバインダーで固めた従来の電極と比べて優れた容量と高電圧で充電しても劣化しにくい

Learn More

電気化学デバイスのオペランド解析

オペランド測定とは、真の動作条件下で対象の分光学的評価と機能の測定を同時に行う手法であり、触媒材料や電池などのエネルギーデバイスの新規開発や高度化に向けて必要となる計測技術である。
Learn More

複雑な形状をもつロボットや機器など表面にフレキシブルなセンサ(電子人工皮膚)を貼付することで、電源不要で接触位置と接触強さの検出が可能となる発明 。多くの機器への展開が期待できる。...more


室温程度で液性を有する新たな組成の無機イオン液体を発見し、現実的な温度域で作動するアルミニウム二次電池用の電解液としての応用可能性を見出した...more


基盤上に金属層と炭素層を積層し温度を加えることで起こる「層交換」の条件を確立。グラフェン膜は厚み100nm、層は数千。従来製造が困難であった、非常に厚い多層膜が得られる...more


イットリア安定化ジルコニア焼結体/製造方法

本発明は、フラッシュ焼結の条件を適切に制御することにより、短時間・低温度でこれまでにない高緻密性・高均質性・高強度のイットリア安定化ジルコニア焼結体を得るものである。...more


固体高分子型水電気分解向け卑金属電極

PEM型水電解において、カソードをニッケルモリブデン合金に、アノードをCr、Mn、Fe、Co、Niからなる高エントロピー合金に代替した卑金属電極による、低コスト水素製造システム。...more


本研究者は環境の温度変化で充電が可能な次世代電池(三次電池)の研究を進めており、約30℃の温度変化で40mVの起電力を発生させることに成功した。...more


今回より低い温度領域(300℃付近)において高い伝導度を有する本物質の発見により、固体酸化物形燃料電池(SOFC)の小型化・低コスト化が期待できる...more


窒化ガリウム (GaN) 基板と絶縁膜との界面にGaOx界面層を有したMOS構造を特徴とする高品質GaNデバイスの作製方法。...more



ゲルマニウム半導体の新しい成膜プロセス

この度、ゲルマニウムGe半導体の薄膜をより簡便かつ低コストで製造する手法を開発した。...more