情報科学案件 一覧

情報科学

複数の自走体を効率よく運行する交通・物流システム

交通システム・物流システムの効率化や安定運用を検討する共同研究の提案

Learn More

手指の形状・動きのリアルタイム認識技術

解剖学的な見地に基づいた手指形状データベースを元にした、機械学習を用いない、高速・低遅延・低コストの、非接触な手指形状認識に関する10年以上に渡る研究成果
Learn More

固体高分子形燃料電池の不具合監視システム

温度変化のある実稼働中のスタックの不具合を簡便かつ即時に、セル単位あるいはセル面内の要因を評価し判定可能。

Learn More

ヒトの自然な行動を引き出す、大型VR体験施設

自由に行動できる3次元空間を再現する施設「LargeSpace」(筑波大学所有)を使った、ヒトとモノ・ヒトとヒトの相互作用に関する研究。...more


超高速学習ニューラルネットワークアルゴリズム

3層しかないネットワークで構成されながらも、入力層で行う「選択的不感化」という独自の処理によって、非常に高速(LSTMの1000倍)な学習処理と高い汎化性を両立する。...more


非構造タンパク質等の構造予測ツール

膨大なデータ処理を要することなく、汎用コンピュータのみの解析で従来法と同精度のNMR化学シフト予測データを得られる。...more


パワーモジュール過渡熱性能評価ソフトウェア

小型化が進み、過酷な環境での使用も期待されている半導体パッケージの過渡熱抵抗評価の新規手...more


CAD データのまま応力解析し形状を自動最適化

本発明は、IGA 手法に独自の解析手法を付加することで、高精度かつ短時間で設計強度が満たされるよう形状設計値が自動的に決定される技術である。...more


大量文書の自動フォルダ化ソフトウェア

この技術は、コンピュータ上や共有のクラウドストレージに保存された大量のファイルや文章を、その内容の関連性によって段階わけすることで、仮想的なフォルダに自動で仕分ける技術です。...more


電磁波・ノイズ対策シミュレーションプログラム

本技術は、発明者らが開発した新しい電磁波理論をもとに、分布定数回路を直接的に計算し、回路内外の電磁波、電位電流をシミュレートする。...more


誘導音で所定地点に移動した対象者に、パラメトリックスピーカーで立体音響の案内情報を提供するシステム...more



一般的な卓上/携帯スパイロメーターの呼吸機能検査データから、​ガス拡散能(DLCO:Gas Diffusing Capacity of Carbon Mono-Oxide)を推測できるAIプログラムを開発...more


リアルな陰影を可能にする再照明アルゴリズム

凹みによる遮蔽を考慮した光伝達マップと光源情報、反射率マップを組み合わせたネットワークモデルを機械学習で作成する。...more


金属固相3D プリンターの結合シミュレーション

本発明は、CS-AM における積層材料の、粉末粒子衝撃による結合現象や再結晶粒径を高精度に予測できる新しい解析モデルである。...more


深層学習による超高速な画像超解像技術

本技術は画像の超解像処理にかかる計算を深層学習モデルで置き換えることにより高速な超解像処理を達成することが出来る。...more



高精度な位相画像取得方法(位相イメージング)

干渉縞画像から位相情報を求めるための、第3の方法を開発した。 走査法と異なり、一枚の縞画像から位相情報を取得できる。測定装置のハードウェア的な簡素化によるコストダウンが可能。...more


深層学習ハイブリッド画像再構成技術

筑波大学システム情報系所属の工藤教授は、AI技術の一つである深層学習を用いることで、低線量/スパースビューCTのような情報量が少ないCTでも、質の高い画像を再構成する技術を開発した。...more