人工mRNAの細胞内発現の効率化カセット

2021/01/12 00:10 By Tech Manage

翻訳効率の向上によってmRNA医薬の課題をクリアする

Advantages

想定用途
  • mRNAワクチンの抗原タンパク発現量の増加
  • Crispr/Cas mRNAに組み込むことによる遺伝子編集効率の向上
  • ウイルスベクターを使用しないiPS細胞の作製

Background and Technology

 mRNA医薬はウイルスベクターを使う必要がなく、発がん等のリスクの低い遺伝子治療として注目されているが、人工mRNAは細胞内において不安定であることが大きな課題となっていた。
 発明者らは細胞での人工mRNAの分解機構の解明と安定化にする研究をすすめている中で、RNAの分解抑制ではなく翻訳効率を亢進させる機構に着目した。ある遺伝子の非翻訳領域を人工mRNAに組み込むことにより、導入細胞でのタンパク質の翻訳効率が向上することが示された。
以下のフォームからお問い合わせください