神経軸索刺激による筋線維の収縮反応が観察できるドラッグスクリーニング用 in vitro モデルおよびデバイス

2021/01/12 00:34 By Tech Manage

Advantages

本技術の目的は、運動神経細胞と骨格筋の接着部である神経筋接合部 (NMJ)を in vitro で3次元的に再現し、神経刺激による筋線維の収縮反応等の解析用モデルおよびデバイスを提供し、神経筋疾患治療薬のスクリーンングを可能にするものです

  • 従来にない in vitro モデルデバイスです
  • 生体に近い3次元の骨格筋組織と運動神経細胞の共培養が可能であり、筋組織と運動神経細胞が区画化されているため、それぞれの細胞への刺激や解析を独立して行うことができます
  • 3次元筋組織のみのモデルデバイス単独でも筋組織の刺激や解析が可能です
以下のフォームからお問い合わせください