ベタニンを含む皮膚修復外用剤と本ベタニン化合物の連続合成方法

2021/02/19 01:22 By Tech Manage

食用植物由来物質による高い皮膚修復効果

Advantages

  • 量産化を可能にする新たに確立された化合物の連続合成プロセス
  • ヒト表皮モデルでの上皮基底層の修復効果が実証済み
  • 研究室で偶然性能が発見された、ヒト皮膚(アトピーひび割れ)に対する修復効果

Background and Technology

 アトピー性皮膚炎など湿疹、かゆみ、乾燥によるひび割れなどの症状が現れる皮膚疾患治療には、第一選択薬としてステロイド外用薬が使用されるが、治癒しない場合には個別治療法を探索するのが一般的であり、ステロイド薬の効果が十分得られない、または副作用により使用できない場合の治療方法がないことが課題であった。今年、アトピー性皮膚炎に対し JAK 阻害剤の軟膏薬が承認され販売開始が予定され、外用薬の選択肢や開発の動きが広がりつつある。
 本技術は、食用赤ビートに豊富に含まれる“ベタニン”とその類似化合物の皮膚修復活性を用いた治療剤である。偶然にも、研究室の研究者のアトピーに起因する深いひび割れがベタニン水溶液によって修復されたことが発見され、実験的にもヒト表皮モデルの基底層の機械的傷口がベタニン化合物によって修復されたことで、ベタニンの皮膚修復性能が実証された。更に、本研究室では、ベタニン化合物の「連続式合成法」を確立しており、これによって、赤ビートからの抽出液に限らず、量産化が可能な物質による外用薬の開発が可能である。
Patent
国際段階 WO2019/221114

Applicant

国立大学法人北海道大学

Expectations
本化合物と類似化合物による皮膚修復剤の評価・最適化から、開発・製品化のためのライセンシー・共同開発パートナーを探しております。サンプルの提供や合成法の技術指導が可能です。
以下のフォームからお問い合わせください