耐久性が高く大容量でつなぎ目のないシームレス活性炭電極

2022/05/20 16:48 By Tech Manage

~EDLC、燃料電池、レドックス・フロー電池などへの利用が可能~

Advantages

活性炭粉末を固めた電極と比べて、高電圧で充電しても劣化しにくく大容量を実現

Background and Technology

 電気二重層キャパシタ(EDLC)は、電解コンデンサでは実現できない高い静電容量、高い出力密度ならびに二次電池を超える優れた充放電サイクル寿命を有しているが、類似の二次電池に比べてエネルギー密度が低いという欠点がある。
 群馬大学 白石壮志先生は、EDLC用多孔質カーボン電極に関する研究開発を進め、電極の細孔構造や表面化学組成に加え電極の三次元構造に着目し、粒子界面が全く存在せずつなぎ目がない「シームレス」な活性炭の実用化に成功した。
 シームレス活性炭電極を用いたキャパシタは、活性炭粉末をバインダーで固めた従来の電極と比べて優れた容量と高電圧で充電しても劣化しにくい特性を併せ持つ。このことはキャパシタのエネルギー密度ならびに信頼性を高めることにつながり、電動化・自動化の流れの著しい自動車分野における蓄電源など、キャパシタの用途をさらに広げる可能性がある。

Expectations

EDLC用電極/空気電池用電極/レドックス・フロー電池用電極 /バイオ燃料電池用電極や各種電気化学分析用電極として活用を検討いただける企業との共同研究を希望。

Patents

特許第 6047799 号

Researchers

群馬大学 大学院理工学府 分子科学部門  教授 白石 壮志


Please click here to see English summary.

以下のフォームからお問い合わせください